不動産大百科ブログ

2017.10.01

弊社の考え ,賃貸

弊社の賃貸借市場への思い

住居の賃貸借市場は数年前から借り手市場です。
貸し手市場が懐かしく感じます。

これから先も益々借り手は強くなり貸し手(家主さん)には辛い家主氷河期となるでしょう。

しかもその氷河期は終わることはほぼないとみます。
それは、これだけ賃貸借物件が余っているにもかかわらずいまだに新築物件建設され続けているからです。

一部の家主さんは入居者がいようがいまいが関係ない、相続対策だと強気に言われる方もいらっしゃいますが本音でしょうか?

弊社は、入居率に苦しむ、空室に苦しむ家主さんに今できる対策を提案し一緒に入居率を高めていこうと思います。

 

家主としての責任は❓

プロの家主ってどんな家主なのか❓

いい家主と悪い家主の差は❓

家主の存在の良し悪しが入居率に影響するのはなぜ❓

なぜ決まらない❓

適正な家賃とは❓

その他いろんな❓❓❓❓❓

弊社が顧問が三十年の経験をもとにご提案させていただきますdouble exclamation


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2016 広島県のテナント・貸し物件・貸事務所は広島テナントサービス.