不動産大百科

2017.12.26

弊社の考え

土砂災害警戒区域等の指定

実家のポストに書類が入ってました。

「土砂災害警戒区域等の指定及び警戒避難体制整備に係る説明会」

元々、土地の評価の低い場所なので大きな影響はありませんが…

広島市内でもこの「土砂災害警戒区域」に指定されると一気に土地の評価が下がります。

資産価値が減るということになります。

 

さらにその地域内に賃貸物件があれば、

不動産屋は賃借人に対して

重要事項説明書を持って説明責任が生じます。

もちろん賃借人に影響を与えますので入居率などにも影響が出ます。

 

広島県は全国でも一番この土砂災害警戒区域が多い県です。

行政の指定には都道府県別に基準があるのでしょうがいかがなものでしょう。

指定さえしていれば責任が逃れられる。

このような考えでは本当の災害防止にはならないのではないでしょうか?

疑問です。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

2018年9月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

© 2016 広島県のテナント・貸し物件・貸事務所は広島テナントサービス.