不動産大百科

2017.11.29

管理 ,賃貸

家主の悲劇

昨日は、弊社管理物件が契約開始日前日にキャンセルされたって報告しました。

家主さんは悲劇でしたね。

我々、不動産屋も動き回らされって感じですがやはり一番損失を被るのは家主さんです。

 

今日の新聞にそんな弊社の家主さんよりもっと確実に損害を被ってる家主さんの記事が出てました。

入居者が部屋で心中、損害賠償請求も棄却…

いわゆる事故物件。

それでなくても空室対策を頑張らねきゃいけないのに

事故物件に

さらに損害賠償も棄却

踏んだり蹴ったりですね。

 

家主業って不労所得のように簡単に考え、投資のように軽々に考える人がいますが

そんな甘いものじゃないんですね…

 

一歩不幸に見舞われれば、すべてのリスクは家主さんにかかります。

そんなことも考え、それでも家主の責任を全うするその覚悟が必要です。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

© 2016 広島県のテナント・貸し物件・貸事務所は広島テナントサービス.