不動産大百科

2017.10.08

賃貸

家主さんも変わらないと

ある家主さんのお話です。
その家主さんは非常に律儀で真面目な方です。
弊社とのおつきあいはもう25年以上です。
弊社とのお取引を始めた頃はいわゆる貸し手市場(家主有利)でした。

そのためか、入居者への対応が厳しかったですね。
今では考えられませんが…

新婚でご入居された入居者さんのところに子供が生まれると退去勧告。
(もちろん契約時に子供が生まれたら解約と特約されてましたが…)
理由は、室内が痛む可能性が高い。とのことでした。

また、別のケースでは退去時の敷金精算でトラブルになり縁起が悪いので
401号室を400号室に変えるとか…

そんな家主さんですからもちろん入居者の選定は厳しくなります。
髪を染めている人はダメ 見た目がチャラチャラしてたらダメ 生活保護者は当然ダメ その他いろいろ事細かに考えられてました。

そんな考えからいつしかその物件は家主さんが厳しい人なのでってことから
不動産屋さんのご紹介もめっきり減り、長期間の空室に悩むようになりました。

今回、母子家庭の方のご紹介をいただきましたので
家主さんに事前にご相談しましたところ
「もう、そんな入居者はダメだとかいう時代じゃないんじゃろう?」
「まかせるからよろしくお願いします。」って言っていただきました。

時間はかかりましたが、やっと実情をご理解いただけたようです。

このように時代とともに家主さんの考え方も柔軟に変化していかないと家主業は成り立たないものです。

まだまだ、勘違いされてる家主さんがたくさんいらっしゃいます。
そろそろ変わってみませんか?


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

© 2016 広島県のテナント・貸し物件・貸事務所は広島テナントサービス.